アーロン・リー・ブラウン個展「青瓷の宇宙」

20180220.jpg
 
【個展によせて】
 玄関や床の間にお花を飾ると気持ちいいものです。
 今回の個展では鶴首、一輪挿し、壺などお花の器を中心に、色と形に拘り作陶しました。

 Thank you for coming to my exhibition today. I hope you enjoy my new works in celadon.
 The theme of this exhibit is flowers. Some vases are meant for one or several flowers. 
 The larger vases are for flower arrangements.
 
 
【色について】
 中国では最も美しいとされる青磁の色を「雨過天青」と呼びます。
 雨が止みまだ少し水分が残った空が青く晴れ渡った時の色を連想します。
 その色を目指して15年近く釉薬の配合や焼成の研究をして来ました。
 北宋や南宋時代で作られた青瓷は今でも最高峰と呼ばれ僕はその当時と同じ天然材料だけで本物の青瓷を作っています。
 現代の科学物質を使えば(コバルトやバリウムなど)簡単に青瓷は出来ますが本物と比べ奥行きが出ません。

 The celadon glaze used on most of my work is based on Ru ware 
 which is a famous and extremely rare type of Chinese pottery from the Song 
 dynasty, produced solely for the imperial court during a brief period 
 at the dawn of the 12 century. Ru ware is known by many as the most 
 celebrated of all wares in the history of Chinese ceramics. 
 Fewer than sixty complete pieces survive today and only four 
 are owned by private collectors. I have spent the last fifteen years doing 
 hundreds upon hundreds of glaze tests and firings utilizing exclusively only 
 the same types of natural materials and methods employed a millennium 
 ago in order to faithfully recreate this legendary glaze. I hope you enjoy.
 
 
【形について】
 私の博士論文のテーマは黄金比と白銀比という自然界に出てくる美しいとされるプロポーション(比率)について研究しました。
 そして今回の作品のテーマでもあります。
 西洋では黄金比を古代ギリシアやローマ時代の美しい人体像や建築物にも意識的に多く使われている比率で白銀比は日本やアジアの寺院や仏像によく見られる比率です。
 東洋と西洋の美の比率をバランスよく生かした作品を目指しています。

 My work is based on combining the proportions found in nature 
 and the human body with my own ideals of beauty. 
 The balancing of these two elements can lead to a beautiful work of art. 
 Studying and understanding the working of this 
 natural design methodology opens the mind for creation, 
 and enables us to actualize ideas that otherwise dissipate in indecision.
 
 
 
アーロン・リー・ブラウン個展「青瓷の宇宙」
  
日時:2018年2月20日(火)~2月26日(月)   
   11:00~19:00(最終日は18時まで) 
   東京都港区麻布十番2丁目94   
   EL 03-6435-2336
 
 
 

HOME   PROFILE   GALLERY   BLOG   LINK   CONTACT   SITEMAP

Copyright © 2012 Aaron Lee Browne All Rights Reserved.